施工内容

​災害マンホールトイレ

グループ会社の㈱江戸設備の下請会社として昨年より江戸川区の災害マンホールトイレの工事に㈱水元設備が携わっております。今回、元請会社の㈱アイ・エヌ・オー様にご協力いただき、施工手順を一部公開します。

施工手順

1 準備

​2 墨出し・カッター入れ

​3 掘削工・根切

​4 砕石・コン打ち・モルタル

​5 敷設工

​6 埋戻し工

​7 マンホール設置

​8 舗装工

仮囲いや工事看板の設置。施工に必要な重機の手配、基礎作りの砕石・コンクリートの手配、作業内容と安全に関する打合せを行う。

1.jpg
1-2.JPG

レスキュート設置及び配管設置の墨出しを行い、コンクリート・アスファルト面の場合はカッター入れを行う。

ユンボ(バックホウ)及び人力にて所定位置の掘削を行い、ダンプ(2t.3t)に積込み、所定の処分地へ運搬する。

3.jpg
3-2.JPG

レスキュートを据え付けるのに必要な型枠を作成し、所定の砕石及び転圧・コンクリートで基礎を作成する。

​コンクリート流し込み後、勾配調整と仕上げを行う。

4.JPG
4-2.jpg

10tショートトラックにてレスキュート本体の搬入を行い、25t/35tラフターにて所定位置へ移動、レバーブロックにて連結作業を行う。併せて配管作業も行う。

5.jpg
5-1.jpg

開口部に立上り管を設置し、モルタルにて固定を行う。立上り環状部に鉄蓋の外枠を設置し、固定を行う。雨水・汚水配管を行い、所定の高さまで埋戻しを行う。

6.jpg

​鉄蓋の外枠から養生を取り除き、ゴムチップ充填済の鉄蓋を設置する。

7.JPG

​ゴムチップ・コンクリート・アスファルトの復旧を行う。

8.jpg
8-2.jpg